誘拐焼肉事件

f6bd4378.JPG昨日の話題です。昨日はいつもどおりのルーチンワークをこなし夕方から知人の事務所を訪ねて1時間ほど茶飲み話でもして19時に帰宅。さぁ晩飯だって思ったところへ後輩から電話がありました「いつもお世話になってるので飯行きましょう。ご馳走しますので・・」って。いつも断ってばっかりなのでたまにはいいか・・。と思ってOKの返事をしたら30分後迎えにきました。後輩の車に乗り込みどこへ行くのか?尋ねると「楽しみにしていてください。とびっきり旨い店ですよ」との返答だったので聞くのはやめてくだらない話をしながら20分ほど経ちました。??まだ付かないの?「まだです。」車はどんどん街中を離れて暗い山道に入っていきます。「おいおい。いったいどこまで行く気?」って聞いたら「白状します。佐賀県の焼肉屋で~す」・・・。しまった・・って思った時にはすでに三瀬峠の麓。しかも後輩の車に便乗してるのでどうしょうもない。「これから40分で着きますから」っておいおいそれじゃ21時じゃん。それから飯食って帰ってきたら0時過ぎるよね・・・。やっぱ断っておけば良かった・・・最悪・・・。これじゃ誘拐と同じだよ・・・。いろいろ頭の中を駆け巡りましたが本当に旨いっていうことを信じて付いていきました。(付いていくしかないですが・・)着いた店は佐賀市内にある明月館っていう焼肉屋。伊万里牛らしい。後輩が注文してくれて肉が出てきました。うん・・確かに旨そう。レアで焼いて食ってみると!!!。確かにわざわざ来た甲斐があった・・かも・・。後輩にいつもよく来るのかと聞いたら焼肉なら絶対にここと決めているらしい。最後のメロンシャーベットが強烈においしかった。帰りも後輩はビールも飲まずに家まで無事に送り届けてくれました。この行動力には本当に驚かせられます。ちなみにこの後輩115キロの熱い男です。

福岡市の注文住宅は原価公開の工務店エーワンディヴェロップへお任せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です