越えられない壁

20091117_00120091117_002
久々のバイクネタです。
MVアグスタF4の新型が先日発表されました。(写真左)
(写真右)の現行型はそのデザインの美しさと高価な価格設定から走る宝石と呼ばれていました。
2000年に発売されてからもう10年選手ですが未だにその魅力は衰えていないと思います。
ですが販売の方は不振のようで業績は余りよろしくないみたいです。
そこでテコ入れのつもりの新型を投入ということなのでしょう・・・
新型の発表を私もワクワクしながら待ってましたが出てみてガッカリでした。
ほとんど同じデザインで全然冒険をしていません。というか元々の完成度が高くて
変えようが無いといったほうが正しいのかもしれませんが・・・
おそらく走行性能は10年分の進化をしてるハズなので格段に乗りやすく速く走れるようになってるとは思いますがスタイリングで購買意欲を掻き立てないと振り向いてももらえないかと思います。
たぶん市場に投入されると新しいもの好きなセレブな方が現行型を売りに出して乗り換えると思われるので、そのお下がりを私は狙っていこうかと思います(笑)
10年前の中古車でも国産の新車並の価格ですのでなかなか手が出せないのが現実ですし壊れたときの修理代や転倒した時のことを考えると手を出さない方がいいという意見もありますが
男なら、バイク乗りなら一度は乗ってみたいと思う車でいうならフェラーリみたいな存在です。
事実エンジン開発にはフェラーリのエンジニアが関わっているらしいです。音もフェラーリのそれに近い甲高い金属音を奏でるらしいです。
現行型は故障やトラブルも少ないようですし、また伊太車に手を出そうかなと思っている懲りない私が居ます。(ドゥカティには散々泣かされましたので・・)
ちなみに私の周りには止めた方がいいと意見が多いのですけどね・・・^^;
福岡の注文住宅はエーワンディヴェロップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です