現場レポート
工事名称 SKGT邸新築工事
工事場所 福岡市城南区七隈2丁目
1-10
11-20
21-30
31-40
41-50
51-60
61-70
71-80
81-90
91-100
101-110
111-120
121-130
131-140
141-150
151-160
161-170
2013/6/30
地盤調査を行いました。
結果は残念ながら軟弱地盤と判定・・・
杭工事を行わねばなりません。
2013/10/28
しばらくお待たせしましたが、ようやく手が空いたので建築確認申請を出す準備に取り掛かったところ、杭を打つので教育委員会が遺跡の調査を行うとのこと。埋蔵文化財の包蔵地だったのでこのような手続きが必要となります。
写真は役所が試掘による調査をしているところです。
2013/10/28
調査開始から30分。
遺跡が出ますね〜と役所の方がおっしゃる(驚)
土器らしきものの破片です。
これで遺跡調査決定なので、しばらく工事には入れなくなりました。
2013/11/27
遺跡の調査は2月らしいので、それまで何もしないのは時間がもったいないと言う事で先に古い土留めブロックの更新工事を行います。既存のブロックを解体しています。
既存のブロックはすでに40年以上経過していたので、このタイミングでやり変えないと建物が建ってからでは触れないですからね〜^^;
2013/12/2
新しいブロックで新たに5段の土留めブロックを作ります。
2013/12/10
ブロック積み完了。養生して土を埋め戻します。
2014/1/9
埋め戻しおよび整地完了。あとは遺跡の調査を待つのみです。
2014/2/28
2月中に遺跡の調査が終わると聞いていたので現地を見にきました。
古墳時代の竪穴式住居の遺跡が出たようです。
2014/2/28
今日全て埋め戻して調査を終えてもらう話になっているのですが、間に合うのか不安になる光景ですね・・・
2014/3/4
一応約束どおりに調査を終えて埋め戻してくれたので、段取りしていた杭工事を行います。
柱状改良杭です。


| HOME | 会社概要原価公開現場公開施工事例プレゼン技術情報商品案内FAQお問い合わせ


福岡の注文住宅は「エーワンディヴェロップ」へお任せください

サイトマップ ホームへ