傾斜地

読んで字のごとく傾斜している土地です。

地面が水平じゃないので建物がどのように建つのか素人には想像が付かないみたいで、家を建てるにしても造成に莫大な費用が掛ると思ってしまいがちです。

結果としてなかなか売れない=安い土地が多いです。

当社でもこれまでに何棟か傾斜地の建築に携わりましたが、確かにどの土地も近隣の相場の半額以下の価格で土地を入手できています。

通常であれば、この傾斜地を造成して平らな地盤を作り、その上に建物を乗せるといった考え方が普通なのかも知れませんが、

当社では傾斜をそのまま利用した間取りの建物を造成工事はせずに乗せるという方法で傾斜地ならではのメリットを見出す方法を提案しています。

建物の基礎=鉄筋コンクリートが一般的ですが、造成に使われる擁壁も同じ鉄筋コンクリート造です。

すなわちこの2つの鉄筋コンクリートの工事を一緒に組み合わせて施工したらどうなるか・・・

ちょっと考えれば解りますよね。造成工事と基礎工事を一体化すれば合理的にコストがカットできるのです。

この方法で建築すれば相場の半額以下の土地に基礎工事が擁壁兼用で割高になったとしても結果として近隣相場より安く家を持つことが出来ます。

土地の価格が高い都心部になればなるだけメリットが大きくなります。

なぜなら工事に掛る費用は土地の相場とは関係なくどこでやっても同じだからです。

逆に土地が安い郊外に行けばメリットが減りますね。逆に高く付く結果になる可能性もあります。(郊外の別荘とか・・・)

土地が斜めなので地震が起きたら壊れるのではないか?と不安になる方も居ると思いますが

それは平野部の福岡に住んでいるから思うことであって長崎なんかは斜面にびっしり家が建っています。

地盤調査を行い支持層までしっかり杭を打ち基礎を施工すれば、上に乗る木造住宅は比較的軽いのでそんなに心配することはありません。

むしろ傾斜地に建っている古い既存建物の方がよっぽど危険です。

最近傾斜地の依頼が多いので少し宣伝も兼ねて記事にしてみました。

皆様の土地探しの参考になれば幸いです。

新着施工事例

PAGE TOP