要点説明


▼地盤補強
杭施工中

地盤調査の結果、地耐力が不足している場合は杭工事等の地盤補強工事が必要な場合があります。

▼鉄筋
基礎鉄筋

鉄筋コンクリートベタ基礎の配筋が終わった時点で(財)住宅保証機構の検査を受けます。

▼キソパッキン    キソパッキン

コンクリートと土台(木材)を直接触れさせることなく土台はいつも乾いた状態を保ちます。

▼床下断熱材 スタイロフォーム

40mmの押出法ポリスチレンフォームを使用しています。

▼構造用合板    28mm合板

1階・2階とも構造用合板(28mm厚)を敷き詰めて水平剛性を確保します。

▼プレカット    乾燥材を使用    

現場では工場でプレカットされた部材を組み立てるだけです。安定した品質の確保には有効な手段です。

▼集成材    レッドウッド集成

スパン距離が飛ぶところは集成材を使ったりします。強度は約1.5倍です。

▼屋根断熱 MAGルージュ断熱材+通気くん

垂木の間で断熱します100mmの高性能グラスウールです。

▼外断熱 MAGジオス外貼断熱工法

グラスウールによる外断熱工法(マグジオス)の施工も可能です。この場合、筋交いの代わりにダイライトという面材を使います。コストはそれなりにUPします。通常はグラスウールの充填断熱です。

サイトマップ ホームへ ホームへ