7月もあと1週間

前回のブログ投稿から気づけばもう1ケ月経ちます。

50代になると月日が流れるのがこうも速いのか・・・

健康を維持できても現役時代はあと20年位しかない訳で

1分1秒たりとも無駄に出来ないと思うところであります。

さて、7月ですが鹿児島の親戚に不幸があり葬儀に参列してきました。

この画像は大雨で室見川が満水の状態だったので撮影。

大雨の影響で九州新幹線は運休。

九州道も人吉八代間が通行止めだったので

大分→宮崎→えびの経由で鹿児島入り。

520キロ走行、所要時間5時間30分。普段の倍の距離と時間でした^^;

翌日はお天気も回復して暑い一日でした。桜島からもくもくと噴煙が出てました。

叔父のご冥福をお祈りいたします。

雨が止んでからは連日この猛暑です。

現場仕事はたまりません。

それでついに今年はこれを購入!

こういうふれこみの商品です。

早速1Lのボトルを凍らせて装着。

寒い位によく冷えます。

たまには動かしておかないと機械は調子悪くなるので

1000Rをガレージの一番奥から引っ張り出してエンジン始動・・

のつもりがバッテリー上がっててダメでした。

前回乗ったのはいつ?だったか・・・

GWはハーレーに乗ったので、それよりも前なのは確かだな。

仕方ないので次女のバイクで現場までGO!

そういえばこのホーネットもGW以来動かした。

朝からガレージでゴソゴソして時間を食ったので

出発が送れたのもありますが、途中で氷が解けてしまった。

1Lの氷が約30分で溶けてしまうようです。

この灼熱の中、体温と外気を含めて熱交換している訳ですから

当然と言えばそれまでですが・・

腰にぶら下げているタンクにコンビニでかち割りを買って詰め替え。

う~ん気持ちいい^^

しかし、小さなかち割氷はわずか10分足らずで溶けてしまう。

この水冷服、大量の氷水があれば本当によく冷えるのだが

バイクに乗るときには全く使えないという結論に至りました。

しかし結構なお値段したので、なんとか改良できないか模索します。

タンクを250mlのペットボトル仕様に改造。

その周りを保冷剤で囲って、このまま冷凍する。

翌日、バッテリー充電も終わり1000Rで効果を試してみた。

30分で溶けてなくなる1Lの氷の時よりは、冷え方はマイルドだが

1時間位はなんとか持つようになった。

しかし、保冷剤が溶けてしまうと効果ゼロ。

循環する水は250ml位で十分なので、いかにこのペットボトルを

冷やし続けることが出来るかが今後の運用課題となる。

次はドライアイスを入手して試してみよう。

走った後はちゃんと洗車してガレージに格納。

次はまたいつ乗れるかわからないので

できるだけ錆びないように各部グリスアップします。

旧車はいかに劣化しないように保存できるかがネックですね。

7月もあと1週間。今月中に引き渡し1件と8月には2件続けて上棟します。

お盆休みまで一気に進めて行きますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です